2017年09月24日

9月24日高学年活動日誌

残暑きびしい中、本日も江戸川区ラグビースクールは元気に練習に励みました。

本日は、難波コーチ、田中コーチから今後のディフェンスシステムのレクチャー&実践練習。

役割分担を明確に、しシンプルかつ組織としてディフェンスできる仕組みを教わりました。
春には基礎基本、夏にはアタック、そして秋にはこのディフェンスです。

何かプラスで覚えたら、前に出来ていたことを忘れる、では、なんの意味もありません。
これまで教わったこと、習得したことは絶対に忘れないこと。
その点、高学年はしっかりと自覚して、積み上げていきましょう。

コーチも一つ一つのプレーで、出来てないところはしっかりと指摘していきます。

わからないこと、理解できないことなどあったら、必ずコーチに質問をすること。
どんな些細なことでも、コーチに聞いていこう。

また、今日はスクール全体のアップを高学年が考え、仕切りました。
とても元気のでるメニューで、みな生き生きとその後の練習に入れました。

2017年09月23日

9月23日高学年活動日誌

前日の大雨の影響も少なく、本日はワセダクラブの6年生を招いての交流会でした。

良い面、また、悪い面を確認できた試合となりました。

特筆すべき悪い面は、試合の入り。
寄りが遅い、プレーが高い、反応が鈍いでは、絶対に勝てません。
特に今年のredbeesは、体が小さいチーム。
常に100%の力を出さなければ、やられてしまうチームです。
体の大きなチームよりも、何倍も体を使って暴れ回らなければいけません。
今回の試合のビデオをよく見て、1試合目と2試合目(前半)の動きの違いをしっかりと目に焼き付けましょう。
いかなるときでも、2試合目の動きが最初からできるようなりましょう。

試合が終わり、両チームで土手ダッシュ、混成リレーなどのランメニューを行いました。
子どもたちから湧き上がる「タッチフットやろう!」の声で、混成チームでのタッチフット。
また、お互いのチームから選ぶ「一番イヤだったプレーヤー」の表彰、お互いのコーチが選び合う「MVP」の発表など、チームの垣根を越え大いに盛り上がった交流会となりました。

ワセダクラブ関係者の皆様、遠路かつ足元の悪い中、お越しくださいましてありがとうございました。
おかげさまで有意義な交流ができました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2017年09月04日

9月3日高学年活動日誌

秋の訪れを感じさせる涼し気な空気の中、本日は市川ラグビー少年団りとるキング様と交流会をさせていただきました!

夏合宿以来の試合という点、夏休みに大幅に体重が増加している子もいたりと、動きそのものはまだまだ。高学年の今年の課題でもある、「最初から出し切る」という点でも課題が残りました。

難波コーチからの言葉、
「やるまえに安心するのではなく、やってから安心すること」
をよく噛み締めて、もっともっとパス一本の正確性、走り込むときのスピード、ブレイクダウンへの激しさなどすべてのことにこだわれるよう頑張ろう。

また、今取り組んでいることは、非常にハイレベルな事をやっている認識はしっかりと持っておこう。
今は頭をいっぱい使い、すごく難しいと感じるかもしれないけど、これを辛抱して継続することで、しばらくすると「感覚」にまで落としこめるようになってきます。
そうなれば、より多くのことがプレー中に見れるようになるし、自然と頭とカラダが動くようになってくるので!

今はきついかもしれないけど、投げ出さずに頑張ろう!!

市川ラグビー少年団りとるキング様、本日はありがとうございました!

2017年06月19日

6月18日高学年活動日誌

梅雨の合間の曇り空、少し肌寒い程でしたが
絶好のラグビー日和の日曜日。
北小岩グランドにて、千葉市RSさん・八千代RFCさんとの
交流会を行いました。
元気に集まってくれたメンバーは、

5年生
こうき、りゅうと、ともひろ、もとひろ、ひろき、しょうご
さくたろう、りゅうじゅ、だいや、りょうま、ゆうた、いっそう
6年生
ちから、りく、たくや、かずま、みく、たくと、
の18名でした。

試合は4試合(1試合10分ハーフ)+1試合(女子合同チームVS男子合同チーム)
にて行いました。

試合結果は(スコアが少し怪しいですが)
第一試合 VS 千葉市A 11-0 ○
第二試合 VS 八千代A  3-6 ●
第三試合 VS 千葉市B  1-8 ●
第四試合 VS 千葉市C  5-3 ○
女子合同 VS 男子合同 女子の勝利
の2勝2敗でした。

雨を心配しながらの交流会でしたが、なんとか交流会終了まで持ちました。
千葉市RSさん、八千代RFCさん共、とても素晴らしいチームでした。
FW・BK共に色々課題が残る内容ではありましたが、とても有意義な交流会となり、
最後に3チーム全員で撮った写真には、子供たちの笑顔が溢れていました。
千葉市RSさん・八千代RFCさん、遠くまで足を運んで下さってありがとうございます。
これからも是非よろしくお願い致します。
来週は、新左近川Gでの練習と、女子は千葉県ガールズフェスティバルへの参加です。
今回の交流会で、良かったところ・悪かったところを練習で伸ばし、そして克服できるよう
がんばろう!

2017年06月05日

6/4 通常練習(北小岩グラウンド)

空の青、雲の白、新緑の緑、目に映るものすべてが鮮やかな季節。
広い北小岩グランドに集まったメンバーは元気よくラグビーを楽しみました。

今回の練習は、難波統括HCによる「考え」るラグビーセッション。
これまでやってきた基礎基本に加え、「考え」ることが自分たちのラグビーノートに新しく追加されました。

ラグビーでは、「考え」ることで初めて、自分たちチームのやりたいプレーができるようになります。
ラグビーは他の競技よりも都度における選択肢が多い競技です。
前方の相手の状況を見、後ろの味方の布陣を考慮しながら、自分たちがやりたいことことを数多くの選択肢から決断し、瞬時に動きださなければなければなりません。
しかしながら「考え」て、行動してもうまく行かないことも多くあります。
それでも「考え」なければ、自分たちのやりたいことができるようにはなりません。
無駄になること、失敗することも沢山ありますが、常に思いきって「考え」たことをチャレンジしていくこと。
失敗したときには、これまでやってきた基礎基本が次へのチャレンジへと導いてくれます。

ラグビー以外の学校や家庭生活の中でも、失敗することや無駄になることを恐れず、自分がやりたいと「考え」たことを成し遂げようとすることも大事です。
今までお母さんにやってもらっていたことを自分から「考え」てやる。
学校の友達たちと遊ぶ中で、自分がやりたい遊びを友達みんなでするためには何が必要なのかを「考え」る。
日常生活の中でも常に、自分なりに「考え」て行動する習慣を身につけましょう。
はじめは失敗することも多いです。
でも、「考え」ていくことを継続していけば、必ず成功するケースが増えてきます。